スポンサーリンク

元Appleのソフトウェアキーボードの製作者が初期のiPhone開発機を公開

生誕10年となったiPhoneの素晴らしく画期的な要素の1つは、物理キーボードを捨てたことだろう。今思えば、非常に簡単なアイデアのように思える。しかし、10年以上前に発案されたスクリーンキーボードというアイデアは、その後のスマートフォンのデバイス設計とインターフェイスに莫大な影響を与えている。

スポンサーリンク

初期iPhoneの開発機

この日を記念して、ヒューマンインタフェースデザイナーでこのソフトウェアキーボードの製作者Ken Kocienda氏は、キーボードの開発に使用した初期のiPhoneプロトタイプの写真を公開した。初期のiPhone開発部門では、これらのプロトタイプを「Wallabie」と呼んでいたという。

 

“携帯電話”を変えたiPhone

このデバイスはベゼルは極太で、片手で持ち歩くのも躊躇われるものである。それでも、静電容量式タッチスクリーンと、これまでにないマルチタッチインターフェースを備えた高品質なディスプレイを搭載したことは、その後のモバイルデバイスを目まぐるしく変化させた。

Ken Kocienda氏は、これらのデバイスを長年机の引き出しに保管していたという。Apple退社時、このデバイスを返すのは、古い友達に別れを言うようなものだったとtweetしている。

 

Source:Ken Kocienda via The Verge

スポンサーリンク



Appleapple, iPhone

Posted by emon