スポンサーリンク

Google、背面タッチセンサーとタッチパッドの特許を取得 – Pixel2に搭載?

今年後半にも発表されると思われる「Google Pixel2」は現行モデルのPixelと同様のデザインになると思われるが、Pixelではガラス面に指紋センサーが搭載されているが、Pixel2には搭載されないとの情報がある。Googleでは新たな技術を開発している可能性がある。

スポンサーリンク

背面タッチセンサー

米国特許商標庁は先週、Googleが新たに取得した特許を公表した。Googleはちょうど1年前の2016年6月にこの特許を出願している。

それによると、「背面に搭載されたタッチセンサーを操作することで、ディスプレイに触れることなくデバイスの操作を可能にする」とのこと。これによって、画面全体を表示領域として利用可能になり、ディスプレイをより広く利用できるようになるという。

上記の図を見ると、指の先に凹んだタッチセンサーが確認できる。

タッチパッドで操作をより便利に?

さらに上記の特許の図では、タッチセンサーの周りには静電容量式タッチパッドを搭載することを示しているようだ。これによって、アプリに応じて様々なタスクを実行が可能になるという。例えば、音楽アプリの音楽ボリュームを制御したり、ChromeでWebパージをスクロールしたり、カメラアプリでのズームイン/ズームアウトなどが想定されるという。

Googleが特許を取得したからと言って、この技術が必ずしも搭載されるとは限らない。しかし現行Pixelでは、指紋センサーでのジェスチャー機能をサポートしており、Googleが何かしらの新たな操作方法を開発していてもおかしくはないだろう。

 

Source:Patently Mobile via BGR

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう