スポンサーリンク

Apple、「iPhone8」に高速な10W USB-C 電源アダプタを同梱?

Appleの次世代スマホ「iPhone8」はバッテリー容量が2,700mAhと大容量になるといわれている。iPhone7 Plus並の容量になるが、そうなると充電時間が心配になる。iPhone7 Plusでもバッテリーの持ちはいいが、充電速度が不満だと言う人は少なくないだろう。

だが、iPhone8ではそんな不安は必要ないかもしれない。

スポンサーリンク

すぐに高速充電が可能

イギリスの金融機関 Barclaysのアナリスト、Blayne Curtis氏によると「iPhone8」には高速充電が可能なUSB-CコネクタとUSB-C PDチップを搭載した10W 電源アダプタが同梱されるという。ちなみに現在同梱されているのは、5W 電源アダプタである。
iPhone8と10W 電源アダプタに内蔵されるUSB-C PDチップは、米Cypress Semiconductor社が供給する予定で、10.5インチiPad Proに使われているのと同じ”CYPD2104″チップが搭載されるだろうとのこと。
10.5インチおよび12.9インチiPad Proのように、iPhone 8は同梱される10W電源アダプタ、もしくはMacBook用29W USB-C電源アダプタで急速充電が可能になる。また、この情報が正しければ、従来のLightning to USB-AケーブルではなくLightning to USB-Cケーブルが付属するだろうとしている。
なお、iPhone8は新たにワイヤレス充電機能を搭載するともいわれているが、ワイヤレス充電器が同梱されるかは不明である。

 

Source:MacRumors
Image: Benjamin Geskin

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう