スポンサーリンク

iPhone8の新たなモックアップがリークされる ーこれまでのデザインを裏付ける

Appleの次世代iPhoneとして期待が大きいiPhone8。ディスプレイ内蔵指紋センサーの搭載やARの強化、高度な顔認証など様々な情報が飛び交っている。

このたび、また新たなiPhone8のモックアップがOnleaksのTwitterにアップされた。この画像は、これまでリークされたものとほぼ同じで、これまでのデザインに関する情報を裏付けるものである。

スポンサーリンク

ほぼベゼルレス

画像を見ると、ベゼルを大幅に狭くし、ほぼベゼルレスなディスプレイで、ディスプレイ上部にはフロントカメラ、スピーカー、センサーの切り欠きがある。それ以外はすべてが”画面”である。

Touch IDはディスプレイ内蔵?

背面には、縦型に配置されたデュアルカメラがあり、残念なことにカメラの”出っ張り”は存在だ。また、このモックでも背面にTouch IDは配置されておらず、Touch IDがディスプレイ自体に埋め込まれていることを示唆している。

iPhone7よりちょっと長い

全体的なサイズに関しては、このダミーユニットは、143.59×70.94×7.57mmで、iPhone8がiPhone7よりもわずかに厚く、わずかに縦に長いことを示している。

先週、iPhone8のモックアップを使って、スクリーンプロテクターの下に壁紙を印刷したものを貼り付け、”現実のiPhone8″をシミュレートした画像が公開され、画面のサイズを垣間見ることができた。

発表が近づくにつれ、本物のiPhone 8の姿に近づきつつあるように思える。

 

Source:Onleaks via 9to5Mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう