スポンサーリンク

iPhone8のものと思われるスクリーンプロテクターの画像と動画がリーク ー顔認証に対応か


ここ数週間、Appleの次期モデルiPhone8に関する情報や画像が漏れ伝えられていますが、新たにiPhone8のものと思われるスクリーンプロテクターの画像と動画がアップされているのが判明しました。画像と動画をアップした人が同一人物かどうかはわかりませんが、見た感じ、同じプロテクターのように思えます。

スポンサーリンク

噂通りのベゼルレス

上記の画像を見ての通りとても鮮明で、iPhone8のフロントの形状がはっきりと見て取れます。まず感じるのは、広大なスクリーン面と非常に細いベゼルです。正確なベゼル幅はまだ不明ですが、噂では4mmとのこと。そして、上部ベゼルの太くなっている部分には切り込みがあり、受話口やカメラなどの位置を示しています。

フロントカメラを2つ搭載?

画像では丸い切り込みが4つありますが、現行のiPhone7/7 Plus用スクリーンプロテクターでは3つ(FaceTimeカメラ・環境光センサー・近接センサー)です。切り込みが1つ増えている理由として、FaceTimeカメラを2つ搭載しているのではと推測されています。

顔認証に対応か

FaceTimeカメラを2つ搭載するのは顔認証に対応するためと思われます。今年始めにAppleが、顔認証のノウハウを持つRealFaceというイスラエルの会社を買収しています。そして、「LG G6」用のデュアルレンズカメラを製造したLG Innotekが3D顔認証カメラモジュールの供給を行う予定との情報もあり、顔認証に対応する確率は高いと思われます。

認証精度の向上

Galaxy8/8+では、顔認証に対応しましたが、自分の顔の写真でロック解除できてしまった動画もアップされ、認証精度に疑問の声がありました。Appleではより認証精度を高めるため、2つのカメラで顔を立体的に識別する技術を開発していると思われます。

iPhone8はベゼルレスデザインで有機ELディスプレイ、ディスプレイ内蔵指紋認証センサー、ワイヤレス充電など革新的な技術を搭載し、今秋にも発表されると思われます。

 

Source:slashleaks,YouTube via BGR[1][2] Source:CNET Japan,CoRRiENTE.top
Image:iDrop News

スポンサーリンク