スポンサーリンク

「iPhone8」の”噂”をもとに作成された動画が公開

スマートフォンのリーク情報で知られるOnLeaksと携帯電話の比較サイトを運営するTiger Mobilesが、現在の”“をもとに、新たにモックアップを作成し撮影された動画がアップされた。

スポンサーリンク

Touch IDはディスプレイに内蔵?

映像を見ると、これまでの噂通り、前面はほぼベゼルレスで大きなディスプレイ、上部にはフロントカメラとセンサー類が並び、背面はガラス製で光沢のあるパネルと、左上には縦に並ぶデュアルカメラがある。またTouch IDセンサーは見当たらない。

これまでリークされたモックアップと同様、ディスプレイにTouch ID指紋センサーが内蔵されていることを示唆している。

スリムな外観

幅71mm、高さ144mm、厚さ7.5mmでこれまでの推定サイズと一致している。ちなみにiPhone 7は幅67.1mm、高さ138.3mm、厚さ7.1mmである。これまでの情報が正しければ、iPhone8はiPhone7とほぼ同じサイズのデバイスで、iPhone7 plusと同サイズのディスプレイが搭載されることになる。

iPhone8はリーク情報が少ない?

AppleはiPhone8で10個ほどのプロトタイプを作成しているといわれている。なかには、背面にTouch IDが搭載されているプロトタイプもあり、デザインを特定するのは難しい。最近のリーク情報の多くは、この映像のようなデザインに集中しています。

iPhone8の機能については、ワイヤレス充電やAR機能の強化、フロントカメラでの3D顔認識機能など、さまざまな噂が流れているが、今年はリークが比較的少ないといい、まだ確実ではないという。

これらの噂が正しいか否か、この秋には判明するだろう。

 

Source:Onleaks,Tiger Mobiles via MacRumors

スポンサーリンク