スポンサーリンク

Apple、Touch IDセンサーを電源ボタンに搭載する特許を取得

Touch IDセンサーが電源ボタンに搭載される可能性が出てきました。

これまでiPhone8がホームボタンを廃止して極細いベゼルを採用するという情報は多く出ています。一方、touch IDセンサーの位置に関してはディスプレイに埋め込まれるのか、背面に搭載されるのかまだ確定的な情報はなく、大きな関心になっています。

そんな中、AppleがTouch IDセンサーをボタンに埋め込むという特許を取得していることが明らかになりました。図面では上部の電源ボタンをTouch IDセンサーとして使用しています。9to5macの記事では、「これまでもスリムな指紋リーダーは存在しているが、現在のところ指先をタッチするのではなく指先をセンサー全体に巻きつける必要がある。Appleはこの問題を解決したことを示唆しており、ボタンを押すだけで指紋を読むことができる」としています。

電源ボタンを指紋認証として使用しているデバイスといえば、Xperiaを思い浮かべますが、Appleがこれを採用するのも現実的なところとも思えます。ただ、Appleはこの種の組み込み指紋認証技術の特許を数多く取得しているようで、これが採用されるとは限りません。

 

Source:9to5mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう