スポンサーリンク

JDI スマホ向けベゼルレスディスプレイ「FULL ACTIVE」を量産開始

ジャパンディスプレイ(JDI)は、4辺スリム化を実現した画面アスペクト比18:9のスマートフォン向け6インチディスプレイ「FULL ACTIVE」を6月より量産開始したと発表しました。

高密度な配線レイアウト、加工、実装の技術を追求したことによって、幅広であった画面下部のベゼルの大幅な縮小を実現。これによってフルベゼルレスデザインのスマートフォンの開発が可能になるという。

また、タッチセンサー機能をディスプレイに内蔵した「第2世代Pixel Eyes」を搭載し、特徴として、黒の表現力の向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいということです。

スポンサーリンク

2017年のトレンド

縦長ベゼルレスデザインのスマートフォンは今年のトレンドで、LG、Samsung、Essentialなど海外メーカーがこぞって発表し、今秋発表されると思われるAppleのiPhone8も同様のデザインになるとされています。

一方、日本メーカーはこの流れには乗れていません。JDIがこのディスプレイの量産を始めたことで、XperiaやArrows NXもベゼルレスになる日は遠くない…?

 

Source:株式会社ジャパンディスプレイ

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう