スポンサーリンク

LG、「iPhone9」用フレキシブルプリント基板の製造契約を狙う

「iPhone8」の発表もまだこれからなのにも関わらず、早くもAppleの次々世代機「iPhone9」に関する情報が報じられた。

韓国の経済新聞Korea Economic Dailyによると、韓国LG傘下のLG InnotekがAppleの主要サプライヤーになるという目標を掲げ、フレキシブルプリント基板の製造に着手すると伝えている。

すでに開発はほぼ完了している見られ、2017年後半にも製造に着手し、2018年には量産を開始するだろうと予想している。

スポンサーリンク

Samsungの独壇場

フレキシブルプリント基板はスマートフォンの湾曲した有機ELパネルに不可欠な部品とされている。Samsungは2015年に発売したGalaxy S6 Edge以降のスマートフォンで、湾曲した有機ELパネルを使用しており、この分野では大きく先を行っている。

実際、AppleはSamsungからの部品供給を大幅に削減していたにも関わらず、iPhone8で使用する有機ELパネルはSamsungと契約(しかも独占)を結んでいるといわれている。たとえ、LG InnotekがAppleと契約を結んだとしても、Samsungとの分割供給になるだろうとしている。

“5G”をサポート?

また、もうひとつの噂として、iPhone9では次世代移動通信「5G」をサポートするともしている。アップルはすでにテストを計画しており、5Gの採用はほぼ確実としている。

この話が真実が否か…わかるのは1年以上先になる。

Source:Apple Insider

スポンサーリンク



Apple, LGapple, iPhone9, LG

Posted by emon