スポンサーリンク

Qualcomm、ディスプレイに統合可能な指紋認証技術を発表

QualcommはMWC上海で、ディスプレイの下に搭載する新しい指紋認証技術Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表した。この技術はディスプレイだけではなく、ガラスや金属への統合も可能で、水中での指紋スキャンも可能になるという。

また、指紋スキャンだけではなく、人の心拍や血流などもスキャンでき、指紋認証と比較して偽造や改ざんが困難な静脈認証も可能になると思われる。

スポンサーリンク

新開発超音波センサー

この技術は、新たに開発した超音波センサーを使用することで「ディスプレイ用」は最大1.2mm厚の有機ELディスプレイ、「ガラスと金属用」では0.8mmまでのカバーガラスと0.65mmまでのアルミに対応可能になったとのこと。

VIVO XPlay6でデモを公開

QualcommはMWC上海において、VIVO XPlay6を改良したデバイスを使用してデモンストレーションするとのこと。先日リークされた、VIVO端末を使った指紋ロック解除の映像や、VIVOがMWC上海で「新しい指紋認証技術」の公開を示唆していたのは、これのことだと思われる。

Qualcommは、今年の10月からセンサーのサンプルをメーカーに提供し、2018年夏までにこの機能を搭載したデバイスが発売されると予想されるとんこと。

 

Source:Qualcomm via Android Authority

スポンサーリンク