スポンサーリンク

Google、Android Oの最終デベロッパープレビューをリリース ー イースターエッグにタコが登場

Googleは、Android O(8.0)の最後の開発者向けベータ版となるデベロッパープレビュー4をリリースした。

このアップデートでの主な変更点は、いくつかのバグの修正と動作の安定性の向上がメインとなる。対象となるデバイスは、Google NexusシリーズとPixelシリーズ。

 

スポンサーリンク

Androidの伝統 イースターエッグ

Android Oの正式なコードネームはまだ明らかにされていないが、このデベロッパープレビューに新たにイースターエッグが導入されたことが明らかになった。

Googleはこれまでも、Androidのコードネームと関係のあるユニークなイースターエッグが搭載されている。 例えば、Android 5.0 Lollipopのイースターエッグは、タップするたびに色が変わるカラフルなロリポップ(キャンディー)とFlippy Birdのようなミニゲームだった。

また、Android 7.0 Nougatでは、Android Nekoという”ねこあつめ”のミニゲームが搭載されている。

 

Android Oはタコ

Android Oでは、浮遊する ”Octopus(タコ)”が登場するという。そのタコは、暗い青色の背景を浮遊し、彼の頭をドラッグすると、体をストレッチできるという。

Android Oのイースターエッグは、設定→端末情報→Androidバージョンを連打すると、オレンジ色の”O”のロゴが表示され、そのロゴをロングタップすることで登場する。

 

正式リリースは来月か

Android Oの正式版は第3四半期までにリリースされる予定である。Android 7.0 Nougatは8月22日にリリースされているため、Android Oも同じ時期、つまり来月にはリリースされると思われる。

 

Source:AndroidAuthority

スポンサーリンク