スポンサーリンク

Huawei、秋に発表の「Huawei Mate 10」でAppleの「iPhone 8」に挑戦

Huaweiは、ハイエンドなモデルを手ごろな価格で市場に投入し、いまやSamsung、Appleに次ぐ世界第3位のスマートフォンメーカーとなるまで上り詰めた。そのHuaweiにとって北米は重要な市場のひとつである。

HuaweiはBloombergのインタビューに答え、この秋にもアメリカの巨大メーカーに挑むと述べた。

 

スポンサーリンク

iPhone 8に対抗する機能

Huaweiのマーケティング部門の責任者 リチャード・ユー氏は、今秋に発表されるであろうAppleのプレミアムモデル iPhone 8の発表の同じ時期に、Huawei Mate 10を発表すると述べた。Mate 10は同社のフラグシップスマートフォンのひとつである。

Mate 10には、ベゼルレスのフルスクリーンディスプレイ、ハイスペックなプロセッサ、より優れたカメラ機能、省電力化などのほか、Appleに対抗する多くの機能を搭載すると述べている。

これまでのところ、同社の売上高は前年同期比で36%増、全体出荷台数は20%増加した。 この傾向を下期も継続するために、Mate 10は重要な役割を担うことになる。

 

iPhoneユーザーはHuaweiを選択するか

北米にはAppleのシェアを狙うSamsung、LG、レノボなど大手企業の存在もある。また、iPhoneユーザーが、Androidスマートフォンに乗り換える理由として、これらの機能を判断材料にするかはわからない。

しかし、Androidユーザーにとっては魅力的なスマートフォンのひとつとなるだろう。

 

Source:Bloomberg via PhoneArena

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう