スポンサーリンク

iPhone 8に搭載されるA11チップのGeekbenchスコアがリーク ー Android端末を凌駕

Appleが今年リリースする新iPhoneに搭載されるであろう新チップセット A11プロセッサ。このチップの性能はまだ未知数だが、そのA11のベンチマークスコアがリークされた。

 

スポンサーリンク

3GHz動作ですべてのコアが同時に動作可能

この情報は、中国のSNS WeiboやTwitterでリーク情報を提供しているIce Universeがツイートしたもの。

今週の初めにもIce Universeは、A11チップの動作クロック周波数は3GHzで、bigコアとLITTLEコアを同時に動作できるHeterogeneous Multi-Processing(HMP)に対応しているとツイートしている。

 

Geekbenchで2回測定

数字はベンチマークアプリGeekbenchで計測したスコアで、2回テストした結果だという。シングルコアテストでは4300と4600ポイント、マルチコアテストでは7000と8500ポイントとなっている。1つ目と2つ目のスコアが大きく異なるのは、各テストで異なるクロック周波数に設定されているためだという。

 

現行Appleモデルとの比較

シングルコア:A11 4300,4600

マルチコア:A11 7000,8500

シングルコアでは、iPhoneはもちろん、最新iPad ProのA10Xのスコアを大きく上回る。マルチコアでは、iPhone 7 / 7 Plusでは上回るが、新iPad Proには及ばないようだ。

 

Androidスマートフォンとの比較

シングルコア:A11 4300,4600

マルチコア:A11 7000,8500

シングル・マルチコアとも大きく引き離している。特にシングルコアでの差は歴然である。

この差で日常使用で変化が体感できるほどの違いはないと思われるが、例えば最新の3Dゲームでは恩恵を受けることは明確である。

Appleは9月にもカンファレンスを開き、iPhone 7s、iPhone 7s Plus、およびAppleのプレミアムモデルとも言われるiPhone 8を発表すると思われる。

 

Source:IceUniverse(Twitter) via BGR

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう