スポンサーリンク

iPhone 8の”最終的なデータ”を基にしたレンダリング画像が公開

Appleの革新的な次世代機 ”iPhone 8”に関して、ここ最近、様々な情報が飛び交っているが、そのひとつはTouch IDに関するものである。Touch IDがディスプレイに統合されるという情報や、完全に廃止される、また背面に搭載されている画像も登場し情報が錯綜している。

そんな中、米経済誌 ForbesがiPhone 8の”最終的なデザイン”とするレンダリング画像を公開した。それは、これまでも見てきた誰もが歓迎するデザインのiPhone 8である。

 

スポンサーリンク

サプライチェーンのデータに基づく最終的なデザイン

ForbesのGordon Kelly氏によると、ケースメーカーNODUSの協力の下、iPhone 8のサプライチェーンから入手したCADデータに基づいてレンダリングしたものだという。NODUSはこのデータを基にiPhone 8用ケースの制作に取り組んでいるという。

Kelly氏は、このレンダリング画像は”最終的なデザイン“であるとし、これまで何度か登場していた背面にTouch IDセンサーを搭載したデザインの可能性を否定している。

 

電源ボタンにTouch IDを統合?

また、Kelly氏はサイドに配置されている電源ボタンに着目している。このボタンは、これまでのiPhoneと比較してほぼ2倍あり、Touch IDが統合されるのではないかと推測している。

ソニーのXperiaが電源ボタンに指紋センサーを搭載している点、また、Appleがボタンに指紋センサーを組み込む特許を取得している点をあげ、可能性としてあり得なくはないと説明している。

 

iPhone 8にはまだ、Touch IDの行方やバッテリー容量、カメラのスペック、A11チップの性能など、まだまだベールに包まれている。それらが明らかになるのは、まだ2ヶ月先になる。

 

Source:Forbes via BGR

スポンサーリンク