スポンサーリンク

iPhone 8のソフトウェアに重大な問題?ワイヤレス充電と顔認証は無効になる可能性

Appleは、今年の9月に革新的なiPhone 8を発表すると思われるが、それを前にAppleのエンジニアが”重大”なソフトウェアの問題に直面していると、Fast Companyが伝えている。

Fast Companyによると、それらは新機能であるワイヤレス充電と3D顔認証であるとしている。もし、これらの問題が解決されない場合、機能を無効にして出荷する可能性があるという。

 

スポンサーリンク

ワイヤレス充電の問題

iPhone 8では、ワイヤレス充電機能が搭載されると言われているが、以前Appleのブロガー John Gruber氏は、ワイヤレス充電器はiOS11.1のアップデートまで出荷されないと示唆していた。このときGruber氏は理由については説明していないが、Fast Companyによると部品の問題ではなく、ソフトウェアの問題だと述べている。

 

3Dセンサーの精度問題

もう一つの問題は、顔認証機能である。新たな認証方法として、インカメラに3Dセンサーを搭載し、精度の高い顔認証が採用されると言われている。しかし、この3Dセンサーの認証精度に問題があり、ソフトウェアの修正に四苦八苦しているという。

もし、これらのソフトウェアの修正が間に合わない場合、機能を無効にして販売し、のちのiOSアップデートで機能を有効にするという。

通常、デバイスの開発は量産の数ヵ月前には確定するため、このようなことは起こり得ないが、iPhone 8の場合、発表される直前まで変更される可能性があるとも述べている。

 

Touch IDはやっぱりディスプレイに統合?

また、このソースはTouch IDの搭載に関して、ディスプレイに統合されるとの見方を示している。情報ソースとして実績のあるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏やBloombergは、Touch IDは廃止され、よりセキュリティの高い顔認証機能に置き換えると示唆している。

 

これらのソースがどれほど正確であるかは実際わからない。9月の発表まではまだまだ情報が錯綜しそうである。

 

Source:Fast Company via Mac Rumors
Image:Martin Hajek

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう