スポンサーリンク

iOS 11の新機能「Core NFC」で活用が広がるiPhoneのNFCの可能性

Appleが先月のWWDC 2017において発表されたiOS11に、iPhoneに搭載されているNFCを拡張するフレームワーク「Core NFC」の導入を発表した。これにより、一般アプリケーションでもNFCタグを読み取り可能となり、Apple Pay専用だったiPhoneのNFCに、大きく可能性が広がると期待されている。

 

スポンサーリンク

スーパーや博物館で活用

例えば、スーパーマーケットでNFCタグの付いた商品にiPhoneを近づけると、栄養価、価格履歴、レシピのアイデアなどの情報が表示されたり、また博物館や美術館では、展示物や制作者に関する情報を表示するなどが可能になるという。

 

企業での活用も

スイスのコンピュータセキュリティー企業であるWISeKey社は、CapSealスマートタグをiPhoneにサポートすると発表している。 CapSealスマートタグは、主にワインボトルの認証、追跡、偽造防止などに使用されているという。Core NFCにより多くの企業がNFC技術の活用を検討しているという。

Core NFCは現在、iPhone 7/ 7 Plusのみサポートしており、iPhone 6やiPhone6sではサポートされていないという。iOSの正式リリースではそれらのモデルでのサポートも期待される。

 

Source:Mac Rumors

スポンサーリンク



iOSapple, iOS11, iPhone, NFC

Posted by emon