スポンサーリンク

「iPhone 8」は4色展開で鏡面モデルが登場?

今年のAppleのメインモデルとなると思われるiPhone 8には、有機EL(OLED)ディスプレイ、ガラスパネル、ワイヤレス充電などが搭載され、iPhoneに大きな革命をもたらすと期待されている。

今回、iPhoneのリーク情報で有名なBenjamin Geskin氏は、iPhone 8は4色展開で、そのうちのひとつは鏡のようなモデルになるとツイートている。

 

スポンサーリンク

iPhone 8鏡面モデル?


Geskin氏は、iPhone6sに鏡面ケースを取り付けて、iPhone 8鏡面モデルを具現化した画像をツイートしている。それは、まるで初期のiPodの背面を思い起こさせるモデルとなっている。

この情報は、匿名の人物から提供されたとしているが、以前KGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏もiPhone 8のカラーオプションは、従来のモデルよりも少なくなることを報告している。しかし、具体的なカラーリングについては言及していない。

 

ジェットブラックを勘違い?

ひとつの可能性として、この情報提供者がジェットブラックを鏡面モデルと勘違いしたのではないかと指摘している。


これまでiPhone 8はブラックとホワイトの2モデルが確認されているが、この鏡面モデルが真実なら、残るひとつはゴールドもしくはローズゴールドになるかもしれないとしている・・・が真実は不明である。

 

iPhone 8のモックアップ紹介動画

もう一つの情報として、海外のYou Tuber UnboxTherapyは、工場の情報を元に制作されたというiPhone 8のモックアップの動画を公開した。 動画では、デバイスとサイズやデザインを詳しく紹介している。

 

Source:Benjamin Geskin via 9to5Mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう