スポンサーリンク

「iPhone8」のホワイトモデルをイメージしたレンダリング画像が公開

これまで多くの「iPhone8」のリーク画像が公開されてきたが、そのほとんどが”黒”だった。今回、デザイナーのMartin Hajek氏が新たに「iPhone8」をホワイト+シルバーでレンダリングした画像を公開した。

 

スポンサーリンク

秀麗なホワイトモデル

ホワイトガラスのリアパネルをシルバーのフレームが囲んでいる。これまでのブラックモデルとはまた印象が変わり、秀麗なイメージである。

このレンダリング画像では、iOS11 beta2で追加された機能である運転中の着信通知機能が表示されているようだ。

 

残念な切り欠き

Hajek氏はまた、ブラックモデルも制作しており、ホワイトモデルと比較できる。

ブラックモデルでは前面上部のFaceTimeカメラとスピーカーの部分は、画面のステーテスバーの色とほぼ同化しその存在を感じさせない。一方、ホワイトモデルではその部分が大きく目立ってしまうのが、残念である。

 

これまでもこの「iPhone8」のデザイン画像が多くリークされているが、もちろんAppleが公式に発表したものではない。これらの「iPhone8」が正しいのか否かが判明するのは、おそらく9月になるだろう。

 

Source:Martin Hajek via 9to5Mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう