スポンサーリンク

小型ミッドレンジスマホ「LG Q6」がGeekbenchに登場

Android Headlinesによると、LG Q6と思われるモデル”LG-M700”が、今年3月にベンチマークアプリGeekbenchのデータベースに登場していたことがわかった。このモデルは、以前LG G6 Miniとして発売が噂されていたデバイスである。

 

スポンサーリンク

ミッドレンジ向けのベゼルレススマートフォン

Geekbenchの情報から、Android 7.1.1 Nougat、プロセッサにはQualcommのローエンドチップであるSnapdragon 430、3GB RAMを搭載していることがわかる。Snapdragon 430は、ローエンド向けSnapdragon 400シリーズでは初めてオクタコアCPUを採用し、GPUに「Adreno 505」を搭載しているのが特徴。コストと消費電力の優れたチップである。

またこれまでの情報から、 5.4インチのディスプレイを搭載し、LG G6と同様のアスペクト比18:9のフルスクリーンディスプレイとなると期待されている。アウトカメラには、1300万画素ソニー製IMX258センサーを1つ搭載するとみられる。

最近の情報では、おそらく400ドル(約45,000円)を下回る価格帯となり、ミッドレンジスマートフォンとして投入されると考えられている。

このモデルはすでに、FCC(米国連邦通信委員会)を通過しており、発売は近いと思われる。来週にもヨーロッパで発表が予定されているとのこと。

 

Source:Geekbench via Android Headlines

スポンサーリンク