スポンサーリンク

Appleの次期モデルの量産に遅れ?「iPhone 8」の発売は11月~12月になるとの報告

9to5Macは、中国の経済ニュースの情報として、Appleが今年発売するiPhoneの次期モデル iPhone 7s/7s PlusとiPhone 8の量産スケジュールに遅れが生じていると報告している。量産を請け負うFoxconnとPegatronの歩留まり率が、まだ品質を保証できるレベルではないという。

 

スポンサーリンク

例年より約1~2ヶ月の遅れ

例年では新型iPhoneの量産はすでに開始されている時期だが、今年のiPhone 7s/7s Plusはこれまでの量産スケジュールより約1~2ヶ月遅れ、8月頃になる見込みだという。またiPhone 8についてもまだ量産は開始されておらず、発売は11月から12月になると思われるとのこと。

 

iPhone 8のストックは9月までに400万台?

iPhoneの生産遅れの報告は例年あるが、今年はこれまで以上に遅れが生じていると思われるという。 KGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏はこれまでもiPhone 8の供給不足の可能性を指摘しており、iPhone 8は9月までに400万台しかストックできず、10月以降に本格的な量産体制が整い、供給が安定すると予想している。

FoxconnとPegatronは、これらの噂についてコメントを拒否しているという。

 

Source:DIGITIMES via 9to5Mac
Image:Martin Hajek

スポンサーリンク