スポンサーリンク

Samsung、折りたたみ式ハイエンドスマートフォン「SM-G9298」を開発中

Samsungは、懐かしいデザインのデバイスを開発しているようだ。かつて日本では折りたたみ式とかパカパカケータイといわれた、いわゆるフリップフォンスタイルのスマートフォンである。

Samsung関連の情報サイト Slashleaksに、そのフリップフォンのレンダリング画像と実機画像がリークされているのが明らかになった。

 

スポンサーリンク

内外側にフルHDディスプレイを搭載

そのフリップフォンはSM-G9298というモデル名で、昨年中国で発売されたSM-W2017の後継モデルとみられる。内側だけでなく外側にもディスプレイがあるのが特徴で、どちらも4.2インチのフルHDディスプレイが搭載されるという。

 

ハイエンドスマホ並みのスペック


最近の報告では、Qualcomm の1世代前のハイエンドプロセッサ Snapdragon 821と4GB RAM、64GBストレージを搭載されると見られている。また、約1,200万画素のリアカメラと、約500万画素のフロントカメラ、2,300mAhのバッテリーが搭載される。

NFCを搭載し、Samsung独自の決済方式 Samsung Payと、ワイヤレス充電もサポートされるという。スペックや機能的にはハイエンドスマートフォンと引けを取らないレベルのデバイスである。

SM-G9298は中国国内のみで販売されるとみられ、8月にも発表される可能性があるとのこと。

 

Source:Slashleaks (1)(2) via SamMobile

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう