スポンサーリンク

ワコム、Cintiq Proに4K対応24インチ、32インチモデルの発売を予告

ワコムは新たなティザーサイトを公開し、Cintiq Proシリーズに新たなモデルを追加することを明らかにした。同社は現在、Pro Pen 2をサポートするCintiq Pro 13.3インチ(フルHD)モデルと、15.6インチ(4K)モデルを販売している。

 

スポンサーリンク

4Kサポート24、32インチモデル


新たに追加されるのは24インチと32インチの2モデルで、どちらも4K(3,840 x 2,160ピクセル)解像度と最大10億色表示をサポートする。

 

大きなCintiq Pro

残念ながら、新モデルに関する画像や詳しいスペックは明らかにされていないが、ティザーサイトからその一面が垣間見ることができる。外観は既存の13.3/15.6インチと酷似していると思われる。つまり、大きくなったCintiq Proと考えればわかりやすい。

既存モデル同様、Pro Pen2をサポートし高精度、高レスポンスで自然な描画を実現する。段差のないエッジ トゥ エッジガラスを採用し、画面の隅々まで描画できるという。

米国での発売は来年の1月の予定で、価格は24インチモデルは1,999ドル(約22万4000円)、32インチモデルは3,299ドル(約37万円)となっている。

 

Source:Wacom via SlashGear , Neowin

 

 

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう