スポンサーリンク

Vivoのディスプレイ統合指紋センサーを搭載したデモ機の映像が公開

MWC 上海において、Qualcommがディスプレイ統合指紋センサー技術「Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表した。また、その技術を搭載したデモ機を中国のスマートフォンメーカー Vivoが展示したが、そのデモ機で指紋認証のテストする動画が公開された。動画では、指紋の登録からロック解除までの操作の様子が撮影されている。

 

スポンサーリンク

ワンテンポ遅い指紋認証


指紋登録ではこれまでの指紋センサーと同じように、指をディスプレイに押し当ててスキャンする。ディスプレイにはセンサーの場所を示すマークが表示されている。指紋センサーが内蔵されているのはディスプレイのごく一部のようで、それ以外の場所に指を当ててみるが、スキャンはされないようだ。

指紋登録を終えるとロック解除が利用できる。認証にはある程度しっかりと押し当てる必要がある模様。また、認証スピードは物理的なセンサーよりワンテンポ遅いように感じる。これはまだ開発中のデモ機なので今後改善されることを期待したい。

Vivoはディスプレイ統合指紋センサーの機能を紹介するコンセプト動画を公開している。

 

Source:YouTube via GSM Arena

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう