スポンサーリンク

Xiaomi、Samsungと有機ELパネルの供給契約を締結 ー 次期フラグシップに採用か

韓国メディア The Bellは17日、XiaomiがSamsung Displayと有機ELパネルの供給に関する契約を締結し、同社の来年のフラグシップモデルで使用する報じている。Samsungは約6インチの有機ELパネルを12月から供給開始するという。初月には約100万枚、翌月には220万枚出荷されるという。

XiaomiはもともとLG Displayと提携し、5.49インチのフレキシブル有機ELパネルの供給を計画していたが、LGの新工場の稼動が遅れていることから、契約が解消されたと見られるという。

 

スポンサーリンク

Xiaomi Mi 7に搭載か

Xiaomiは、次期ハイエンドモデルXiaomi Mi 7(コードネーム”Chiron”)の開発を進めていると言われている。Chironには6インチディスプレイが搭載されると噂されているため、このパネルが採用される可能性があるという。

 

JDI製「FULL ACTIVE」を搭載するとの話も

しかし、以前ChironにはJDI製「FULL ACTIVE」パネルが採用されるとの情報もある。これに関して、2つの情報のうち1つが誤報であるか、採用されるデバイスがChironではない可能性を指摘している。Xiaomiのもう1つのフラグシップ、Mi MIXの後継モデルの可能性も考えられるとのこと。

 

Source:The Investor via Phone Arena

スポンサーリンク