スポンサーリンク

「Huawei Mate 10」にProモデルが存在?「Mate 10 Pro」はベゼルレスデザインを採用

Huaweiは、2016年のフラグシップモデル「Mate 9」の後継機種として10月に「Mate 10」を発表する予定だ。同社は、Mate 9のバリエーションモデルとして「Mate 9 Porsche Design」「Mate 9 Pro」「Mate 9 Lite」をリリースしている。同社は、Mate 10でも同様にバリエーションモデルを用意するようだ。

 

スポンサーリンク

Mate 10とMate 10 Pro

中国のメディアよると、Mate 10には通常モデルとなる「Huawei Mate10」と上位モデル「Huawei Mate 10 Pro」の2つが存在するという。

Mate 10は、これまでと同じディスプレイとベゼルを持ち、指紋センサーがボトムベゼルに搭載されるという。Mate 10 Proは噂のベゼルレスデザインを採用し、ボトムベゼルが狭くなるため指紋センサーがリアパネルに移動するという。

 

3つのモデルが存在する可能性も

以前の情報では、Mate 10には2つのモデルがあり、1つはMate 10で、6.1インチディスプレイを持ちベゼルレスデザインを採用するモデルと、Mate 10 Liteと呼ばれる5.8インチディスプレイを搭載する小型モデルである。Mate 9でのラインナップを考慮すると、Mate 10、Mate 10 Pro、Mate 10 Liteの3モデルがリリースされる可能性もある。

 

10月16日発表予定

Huaweiは、10月16日ドイツのミュンヘンでMate 10を発表するイベントを開催する予定。同社は先日、Mate 10と思われるティザー動画をYouTubeで公開しており、12MPのカラーセンサーと20MPのモノクロセンサーを搭載するライカブランドのデュアルカメラを搭載すると思われる。プロセッサには、AIチップを内蔵すると思われるHiSiliconの次期ハイエンドチップ Kirin 970の搭載が有力視されている。

 

Source:ZOL via GizmoChina

スポンサーリンク