スポンサーリンク

LGディスプレイ、2018年のiPhoneから有機ELパネルの供給を開始か

先日、AppleがLGディスプレイの有機EL(OLED)ラインに3兆ウォン(約3000億円)の投資を決定したとお伝えした。

Apple関連の情報で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、LGディスプレイが2018年のiPhoneから供給を開始し、Samsungからの供給を徐々に制限するとの予測を発表した。

 

スポンサーリンク

Samsungの独占状態は厄介な問題

Kuo氏によると、現在Samsungがモバイル向けOLEDパネルの設計と生産能力を持つ唯一の企業であるため、今後iPhoneのOLED化を進めるAppleにとって、交渉の面で厄介な問題となっているという。それを解決するため、Appleは技術と生産能力の向上のためLGディスプレイへの投資を決定したという。

Appleは、2018年からOLEDパネルをLGディスプレイに供給させるという。しかし、来年の供給シェアは4~6%程度となる可能性が高いという。その後は技術の成熟を見込み、2019年は10~20%、2020年には20~30%の供給を予測している。

 

foxconn関連会社とも提携?

また、Foxconnの子会社であるGeneral Interface Solution(GIS)が、OLEDパネルに保護フィルムを接着するラミネーションプロセスを支援するためLGディスプレイと提携すると予測している。

GISは、Foxconnの企業グループ内での連携や不具合対策などの情報も提供するため、LGディスプレイの成長を加速する理想的なパートナーになるだろうとしている。

 

Source:MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Apple, LGapple, LG, 有機EL

Posted by emon