スポンサーリンク

ソニーの6.2インチディスプレイを搭載する謎のXperia”G8541″がベンチマークに登場

ソニーは31日にプレスカンファレンスを開催し、次期Xperiaとしてフラグシップとなる「Xperia XZ1」、小型フラグシップ「Xperia XZ1 Compact」、ミッドレンジの「Xperia X1」を発表することが有力視されている。

それを前に、新たにソニーの”G8541“というデバイスがベンチマークアプリGFXBenchのサイトに登場したとして、The Android Soulが伝えている。

 

スポンサーリンク

6.2インチディスプレイ搭載のハイエンドスマホ

ベンチマークの情報から、”G8541″はAndroidの最新バージョン”Android 8.0 Oreo”をプリインストールし、Qualcomm Snapdragon 835、4GB RAM、128GBストレージを搭載していることが確認できる。また、ディスプレイには6.2インチフルHD(1920 x 1080)の大画面を搭載している。

メインカメラに18MPセンサー、フロントカメラに12MPセンサーを搭載し、どちらも4K動画撮影に対応する模様。

 

ズルトラ難民の救世主?

ソニーは、2013年に6.4インチディスプレイを搭載するファブレット「Xperia Z Ultra(通称ズルトラ)」を発売し、ユーザーから熱狂的な支持を得ている。2016年には6インチディスプレイを搭載するミッドレンジファブレット「Xperia XA Ultra」、今年春にはその後継モデル「Xperia XA1 Ultra」が発表されたが、残念ながら日本では発売されなかった。そのため後継デバイスの発売が熱望されており、このデバイスがズルトラ難民を救う救世主となるかもしれない。

このデバイスがいつ発表されるのか、そもそも存在するのかはわからない。ひょっとするとIFA 2017のカンファレンスで発表ということも…?

 

Source:The Android Soul

スポンサーリンク