スポンサーリンク

Apple、2018年iPhoneに6インチを超える液晶搭載モデルの投入を計画?

Appleは来年のiPhoneラインナップに5.28インチ・5.58インチ・6.46インチの3つの有機EL(OLED)搭載モデルを投入すると言われている。しかし韓国の経済誌The Bellによると、Appleは最小の5.28インチOLED iPhoneを廃止し、6インチを超える液晶搭載iPhoneを追加すると報じている。

 

スポンサーリンク

小型モデルは需要が低いと判断

韓国の部品メーカーによると、Appleは来年のiPhone用OLEDパネルを、iPhoneのOLEDサプライヤーであるSamsungディスプレイに発注したが、5.28インチは市場規模が小さいとの判断により開発が中止されたという。

Appleは新たに6インチ超の液晶モデルをラインナップに加え、液晶パネルのサプライヤーであるジャパンディスプレイにパネルを発注したと伝えている。しかし、この6インチ超モデルが現在の液晶iPhoneのラインナップ(4.7インチと5.5インチ)に追加されるのか、ラインナップが刷新されるのかは不明だ。

 

動画鑑賞のため大型モデルが人気

Appleが大型モデルを投入する背景には、動画を大画面で楽しみたいとのニーズの増加によるものだと業界関係者は指摘する。Samsungが今年春に発売した「Galaxy S8」には、5.8インチと6.2インチの2モデルが投入されたが、6.2インチモデルが売上高で5.8インチモデルを上回っているという。

2018年iPhoneの6.46インチモデルは、Galaxy Note 8の6.3インチを上回るサイズとなり、その需要に応えるものとなるだろう。

 

Source:The Investor via MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう