スポンサーリンク

Apple、9月12日に新iPhone発表イベントの開催を公式にアナウンス

Appleは現地時間8月31日、米カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの新本社「Apple Park」キャンパス内の「スティーブ・ジョブズ シアター」において、9月12日(火)午前10時(日本時間:9月13日午前2時)に開催するスペシャルイベントの招待状をメディアへ送付していることが明らかになった。

イベントのテーマは「Let’s meet at our place.(弊社でお会いましょう)

 

スポンサーリンク

iPhone 8の発表に大注目

同イベントの目玉は、iPhone 8と呼ばれている根本的にデザインし直されたiPhoneである。ベゼルレスデザイン、有機ELディスプレイ、垂直のデュアルカメラ、顔認識機能、高速化されたA11プロセッサ、ワイヤレス充電などを搭載することが確実視されている。ベゼルレスデザインの採用によって、iPhone 7とほぼ同じサイズのケースにiPhone 7 Plusよりも大きな5.8インチのディスプレイを搭載するといわれている。

また注目度は低いが、従来のデザインを継承するiPhone 7s/7s Plusの発表も確実と思われる。ガラス製リアパネル、ワイヤレス充電、A11プロセッサ、カメラなどの改良が加えられる予定。

 

新Apple Watchと4K Apple TVにも期待

このイベントではiPhoneの他に、Apple WatchとApple TVのアップグレードも発表されると期待されている。第3世代となる新Apple Watchは、LTEチップを搭載することでiPhoneから独立したデバイスになると思われる。デザインはApple Watch series 2から変更ないと予想される。第5世代となる新Apple TVでは高速なプロセッサを搭載し、4KとHDRをサポートすると言われている。それに合わせて、iTunesで4Kコンテンツの配信も開始される見込みである。

 

新OSのリリースも

6月のWWDCで発表されたiOS 11、macOS High Sierra、tvOS 11、watchOS 4などの次期OSに関しても、機能の詳細やアップデートのアナウンスがあると思われる。例年では新iPhoneの発売前に新iOSがリリースされ、新MacOSはやや遅れてアップデートされる傾向がある。

Appleはすでにスペシャルイベントのサイトを用意している。ウェブサイトとApple TVでライブ配信されると思われる。

Apple Special Event

 

Source:MacRumors
Image:Martin Hajek

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう