スポンサーリンク

2018年の液晶搭載iPhoneもベゼルレス化?JDI製FULL ACTIVEの採用を検討と報道

米経済新聞The Wall Street Journalは、Appleが2018年のiPhoneの一部モデルにジャパンディスプレイ(JDI)製液晶(LCD)パネルの採用を検討していると報じた。

 

スポンサーリンク

「FULL ACTIVE」 パネルを採用か

業界関係者によると、JDIが6月に発表した「FULL ACTIVE」パネルは低コストで、有機EL(OLED)のいくつかのメリットに肩を並べる性能を持つため、Appleが2018年に投入する一部のモデルへの採用に興味を示しているという。

FULL ACTIVEパネルは、これまでのLCDパネルでは数mmにもなるベゼル幅を、極限まで細くし、上左右3辺のベゼル幅は0.5mmに調整されている。これは現在のOLEDパネルのベゼル幅約1mmよりも優れている。さらにOLEDパネルのように湾曲させることができ、スマートフォンのデザインの幅を大きく広げる。

このパネルはすでに9月上旬に発表された「Xiaomi MI MIX 2」に採用され、その一面を目にすることができる。年内には他の中国メーカーからもこのパネルを採用した機種が発表される予定だという。

 

OLEDパネルのコストに頭を悩ますApple

周知の通り、AppleはOLEDパネルを採用した「iPhone X」を発表した。OLEDパネルはLCDパネルよりもコントラストに優れるが、コストと供給の問題はAppleにとって最大の懸念事項である。実際、OLEDパネルの価格はLCDパネルの約2倍になると言われている。コストで頭を悩ますAppleにとって、このFULL ACTIVEパネルは願ったり叶ったりといえる。

2018年iPhoneのラインナップについて、最新の情報では、5.58インチと6.46インチのOLEDモデルと6インチを超えるLCDモデルを投入すると言われている。AppleはいずれiPhone全モデルにOLEDを搭載すると言われているが、それは2019年になると推測される。

 

Source:WSJ via MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう