スポンサーリンク

ASUS、次期スマホ「ZenFone 5」シリーズを2018年春にも市場に投入

ASUSは8月、「ZenFone 4」シリーズを発表したが、新モデルの投入は当初の予定よりも何ヶ月も遅れていた。ZenFone 4は当初、春の発表が予定されていたが、同社の財務状況に重大な影響を与える恐れがあるため、市場投入を延期した。 しかし、ASUSは回復傾向にあり、次世代ZenFoneは2018年春にもお披露目されるかもしれない。

同社CEO Jerry Shen氏は台湾メディア DigiTimesのインタビューに答え、早ければ2018年の3月にも次世代スマートフォン「ZenFone 5」シリーズの発売を予定していると言及した。

 

スポンサーリンク

スマホ事業は回復基調に

ASUSは、PC・モバイル・ゲーム事業の再編とリストラの結果、業績は回復傾向にあり、営業効率の改善とZenFone 4の平均販売価格の上昇により、スマートフォン事業は2017年第4四半期にも黒字化する見通しだという。

フランス・イタリア・スペイン・ロシアでZenFone 3の人気が勢いを増しており、ZenFone 4でもその勢いは続くと予測している。さらに、同地域の通信キャリアとも提携することで、売り上げの拡大を図るとしている。

Shen氏は、2018年の第3四半期までに、収益性の高い7つのスマートフォンベンダーの1つになると強調した。今後のスマートフォン事業の戦略として、引き続きコストパフォーマンスに優れたミッドレンジモデルを中心としたデバイスを投入していくと語った。

 

Source:DigiTimes via Phone Arena

スポンサーリンク