スポンサーリンク

Google、10月4日にGoogleアシスタント対応Bluetoothヘッドセットを発表か?

Googleは先週、Googleアシスタントに最適化されたBOSE製のBluetoothヘッドセット「QC 35 II」を発表した。ヘッドフォンとして初めてGoogleの音声AIアシスタント「Googleアシスタント」を呼び出すボタンを搭載し、スマートフォンを取り出さなくても、音楽の再生や停止、電話の通話などが可能となる。

新たな噂では、BOSEに続いて、他のメーカーもGoogleアシスタントに対応するヘッドセットの開発に意欲的に取り組んでいるという。Android情報サイト Android Policeの編集長David Ruddock氏は、Googleが来週10月4日に開催するイベントにおいて、新たにBluetooth対応イヤホンを発表する可能性があるとツイートした。

 

スポンサーリンク

ネックバンド型で159ドル

Ruddock氏によると、Bluetoothイヤホンはネックバンド型になるとみられ、Googleアシスタントを呼び出す専用のボタンが搭載される見込みだという。価格についても触れており、159ドル(約18,000円)になるという。

しかし、このイヤホンは話題性としては乏しいものになるかもしれない。ここ数年、完全なワイヤレスを実現する左右分離型イヤホンを多くのメーカーが開発しており、昨年にはAppleが「AirPods」を発表して大きな話題を呼んだ。ここ最近ではソニーやBOSEなども左右分離型イヤホンを相次いで発表し、ますますこの分野の開発競争が激しくなっている。

一方、Googleの噂のイヤホンはネックバンド型になると思われ、技術的にはそれほど印象的ではない。左右分離型イヤホンを上回るアピールポイント(バッテリー持続時間やノイズキャンセリング、音質の訴求など)が期待される。

Googleは10月4日のイベントで、次期スマートフォン「Pixel 2/Pixel 2 XL」のほか、小型スマートスピーカー「Google Home Mini」やVRヘッドセット「Daydream View」などを発表すると期待されている。

 

Source:David Ruddock(Twitter) via 9to5Google

スポンサーリンク