スポンサーリンク

Huaweiの噂のベゼルレススマホ「Mate 10 Pro」のフロントパネルがリーク


Huaweiの次期フラグシップ「Huawei Mate 10」には、少なくとも2つのモデルが開発されていると言われている。Mate 9と変わらないデザインを持つ標準モデル「Mate 10」と、ベゼルレスデザインを採用するといわれる上位モデル「Mate 10 Pro」だ。

標準モデルのMate 10は、昨日、工場のCADデータを基に制作されたレンダリング画像がリークされ、噂通りMate 9と変化ないデザインが明らかになった。

中国のIT系情報サイトMyDriversは、ベゼルレスデザインを採用するMate 10 Proのフロントパネルと思われる画像がリークされたとして伝えている。

 

スポンサーリンク

Huawei初のフルスクリーンディスプレイ

この画像は中国のSNS Weiboに投稿されたもので、工場内で撮影されたMate 10 Proのフロントパネルの画像と思われる。噂通り、縦長のディスプレイに上下のベゼルは非常に細いフルスクリーンディスプレイとなっている。左右のベゼルもほとんどなく、エッジがわずかにラウンドした2.5Dガラスが採用される模様。

 

指紋センサーは背面に?

トップベゼルには受話口とフロントカメラ、LEDフラッシュ用の開口部が見て取れる。フロントカメラもデュアル仕様になるとも噂もあったが、そうはならないようだ。

ボトムベゼルには、Huaweiロゴが印刷されている。標準モデルのMate 10はボトムベゼルに指紋センサーが搭載されるようだが、Mate 10 Proの指紋センサーが背面に配置されるのか、他の認証方法が用意されるのかは今のところ不明。

画像にはブルー(もしくはブラック)とゴールドの2色が写っているが、よく見ると奥にホワイト(もしくはシルバー)のフロントパネルも確認でき、少なくとも3色用意されるようだ。

 

明らかになっているスペック

現在知られている情報では、HiSiliconの最新チップセットKirin 970とライカと共同開発されるデュアルカメラを搭載し、Android 8.0 OreoとHuaweiのカスタムOS「EMUI 6」がプリインストールされる予定だ。

HuaweiのコンシューマービジネスグループCEO Richard Yu氏は、IFA 2017において、「Kirin 970はAppleやSamsungよりも強力」と述べており、Mate 10のパフォーマンスにも期待したい。

Mate 10は10月16日にドイツのミュンヘンで発表される予定。

 

Source:Weibo via MyDrivers

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう