スポンサーリンク

虹彩認証搭載?「Huawei Mate 10 Pro」とされるレンダリング画像がリーク

Huaweiは来月10月に新フラグシップスマートフォン「Huawei Mate 10」シリーズを発表する予定だ。すでにネット上では様々な情報や憶測が飛び交い、スペックや価格などの情報もささやかれている。

モバイル関連の情報サイト Mobile Xposeは新たにMate 10 Proとされる新しいレンダリング画像を公開している。

 

スポンサーリンク

指紋センサーなし?虹彩認証搭載か?

この画像によると、これまでの噂通りアスペクト比18:9のディスプレイを備え、上下のベゼルは非常に細いベゼルレスデザインとなっている。左右のベゼルはMate 9のようにほぼ姿を消し、2.5Dガラスを使用することでわずかに湾曲したエッジとなっている。背面にはライカブランドの縦型デュアルカメラとLEDフラッシュが配置される。

しかし、この画像には指紋センサーが配置されていない模様。Xperiaのように電源ボタンに指紋センサーを組み込むのか、別の生体認証(虹彩認証か顔認証)を採用する可能性も考えられる。

ただ、この画像の出所は言及されていないため、真偽は不明だ。

 

画面占有率は90%

これまで確かになっている情報は、プロセッサに新ハイエンドチップ「Kirin 970」ライカブランドのデュアルカメラを搭載、フルスクリーンのベゼルレスデザインを採用ということだけである。噂として、アス比18:9の6インチディスプレイを搭載し、ベゼルレスデザインによって画面占有率は90%に迫る。最大8GB RAMと最大256GBストレージを搭載、バッテリーは4,200mAhの大容量バッテリーを持ち、IP68防水防塵をサポートするといわれている。

前述の通り、Huaweiは10月16日にドイツのミュンヘンでイベントを開催し、正式にMate 10を発表する予定。

 

Source:Mobile Xpose

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう