スポンサーリンク

Android 8.0 Oreo搭載の「Huawei Mate 9」がベンチマークに登場 ー アップデートは間もなく?

Huaweiが10月に発表する予定の次期フラグシップ「Huawei Mate 10」には、Androidの新バージョン「Android 8.0 Oreo」とHuaweiの最新カスタムUI「EMUI 6」がプリインストールされると言われている。そうなると、現行モデルへのアップデートも気になるところだが、Huaweiはきちんと対応しているようだ。

先週、HuaweiのAndroid 8.0を搭載した「Huawei Mate 9」がベンチマークアプリGeekbenchに登場していることが明らかになった。

 

スポンサーリンク

Mate 9へのアップデートはまもなく?

Geekbenchを見ると、Mate 9のモデル名である「Huawei MHA」が表示され、1.84GHz駆動のオクタコアプロセッサ(Kirin 960)と4GB RAMを搭載していることが確認できる。

今年の4月には、Mate 9でAndroid 8.0のテストを行っている画像がリークされており、その画像からAndroid 8.0の新機能「ピクチャー イン ピクチャー」が明らかになっていた。Android 8.0は通知機能の改善やパスワードの自動入力「オートフィル」、起動時間の高速化など、多数の機能追加や改善が図られている。

既存モデルへのアップデートがいつになるかはまだわからないが、Mate 10が発表されるイベントにおいて何かしらのアナウンスがあるかもしれない。Mate 10は10月16日にドイツのミュンヘンで発表される予定となっている。

 

Source:Geekbench via GSMArena

スポンサーリンク