スポンサーリンク

Appleの次期iPhoneの名称は「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」で確定か

iPhoneの次期OS「iOS 11」の開発最終バージョンGoldenMaster(GM)から、ステータスバーの詳細や3Dアニメーション顔文字「アニモジ」など様々な機能が明らかになっている。

開発者Steve Troughton-Smith氏はそのiOS 11 GMを解析し、Appleが12日に開催するスペシャルイベントで発表される予定の次期iPhoneの名称について、新しい情報をツイートした。

 

スポンサーリンク

革新的なiPhoneは「iPhone X」

Troughton-Smith氏によると、次期iPhoneは「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」と呼ばれるという。

「iPhone 8/8 Plus」は現行のiPhone 7/7 Plusのデザインを継承するデバイスで、「iPhone X」は大幅なアップグレードが予定される革新的なデバイスである。

iPhone Xに関してはこれまでiPhone 8やiPhone Editionなどの噂があったが、正式に確認された形だ。しかし、彼は別のツイートで「マーケティング名に嘘をついている可能性もある」とコメントしており、これが正確かどうかはわからないとも指摘している。

 

キーボードもちょっと変化

また、Troughton-Smith氏はiPhone Xで採用されるキーボードの画像を公開している。iPhone Xではディスプレイが縦に長くなるため、キーボードの切り替えキーと音声入力キーがキーボードの下に配置される。切り替えキーと音声入力キーの間には、ホームインジケーターが入るという。

 

Source:Steve T-S(Twitter) via MacRumors
Image:iDrop News

スポンサーリンク