スポンサーリンク

Samsung「Galaxy S9」のファームウェア開発がスタート ー 2つのモデルを確認

Samsungの2018年前半に発表されると思われる次期フラグシップ「Galaxy S9」。SamMobileはそのS9のファームウェアに関する情報を入手し、バージョン番号から2つのモデルが開発されていることが確認されたと伝えている。

つまり、今年春のフラグシップ「Galaxy S8」と同じように、小型モデル「Galaxy S9」と大型モデル「Galaxy S9+」がリリースされると予想される。

 

スポンサーリンク

Galaxy S9のファームウェア開発を開始

SamMobileによると、「G960FXXU0AQI5」と「G965FXXU0AQI5」の2つのGalaxy S9のファームウェアが開発中で、それぞれのモデル番号も確認できる。S9は「SM-G960」S9+は「SM-G965」となり、Galaxy S8とGalaxy S8+のモデル番号「SM-G950」「SM-G955」と、同じ命名法則に則っている。

 

S9の発表はS8と同じ時期?

Galaxy S9のファームウェア開発は、S8よりも2週間早く開始されているという。このファームウェアの開発状況から、S9の発表はS8とほぼ同じ時期になるだろうとSamMobileは予測している。S8は3月29日にニューヨークで開催したイベントで発表し、4月21日にいくつかの市場でリリースされた。

ファームウェアの開発が始まったことで、今後多くのリーク情報が出てくることが予想される。引き続き、Samsungの次期フラグシップモデルに関する情報に期待したい。

 

Source:SamMobile

スポンサーリンク