スポンサーリンク

2018年のiPad ProもFace IDを採用?TrueDepthカメラを搭載との予測

Apple関連の予測で定評のあるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、最新の投資家向けレポートにおいて、2018年に発売されるであろうAppleの次期タブレット端末「iPad Pro」にはTrueDepthカメラシステムが搭載され、Face IDをサポートするとの予測を公表した。

 

スポンサーリンク

iPad Proもベゼルレスデザインに?

Kuo氏によると、「iPhone X」に新たに採用されたTrueDepthカメラシステムをiPad Proに追加することで、Face IDによる優れたユーザー体験を実現するとともにiPhone Xとの操作性を統一することで、競争力の強化を図るねらいがあると予測している。

このレポートでは、ホームボタンやTouch IDの行方については言及されていない。もしiPhone Xのようにホームボタンを捨ててFace IDに統一すれば、iPad Proもベゼルレスデザインになる可能性も考えられる。

一方で、今年投入された10.5インチiPad Proでは小幅なデザイン変更が行われており、実際に来年ベゼルレスデザインを採用するにはコストや時間がかかり割に合わないと指摘する声もある。

 

2018年iPhoneはすべてFace IDになるか

Kuo氏は2018年のiPhoneに引き続きFace IDを採用する可能性があると予測しているが、それは明確ではなく、以前の報告ではユーザーの反応次第でTouch IDへの回帰の可能性もあるとも言及している。

 

Source:MacRumors , The Verge

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう