スポンサーリンク

Amazon、国内向けにAlexa対応スマートスピーカー「Amazon Echo」を年内に発売

Amazonは10月2日、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」とスマートスピーカー「Amazon Echo」を年内に国内展開すると発表した。Echoの販売は招待制となり、事前に購入を希望したユーザーのみの提供となる。

 

スポンサーリンク

音声認識サービス「Alexa」とスマートスピーカー「Echo」

Alexaはクラウドベースの音声認識サービスで、話しかけるだけで音楽の再生停止やタイマーのアラームセットなどの操作、ニュースやプロ野球、大相撲のスポーツ結果など、生活の様々なシーンで役立つサービスを提供する。これらの情報はクラウドに構築され、常に学習し進化していく。

EchoはそのAlexa音声認識サービスを使用したスマートスピーカーで、全ての操作は音声認識によるハンズフリーとなる。最新の遠隔音声認識技術と7つのマイクにより、部屋のどこからでも明瞭に音声を聞き取ることが可能。オーディオ面では専用の高音用スピーカーと2.5インチウーファー、ドルビープロセッサの採用により、鮮明なボーカルとダイナミックな低音を実現した。

AmazonはAlexaスキルを容易に開発できる「Alexa Skills Kit(ASK)」を提供予定で、すでにNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、NHK、JR東日本などの多くの企業がすでに開発を行っているという。

また、Alexa対応のハードウェア開発も可能になる「Alexa Voice Service(AVS)」も提供する。すでにアンカージャパン、HTC、オンキョー、ハーマンインターナショナルなどが日本市場向けにAlexa対応の製品開発を進めているという。

 

Source:Amazon

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう