スポンサーリンク

Apple、Face IDの精度引き下げは「完全に虚偽」と否定

Appleは、Bloombergが現地時間10月25日に報じたiPhone XのFace IDの精度引き下げ問題について声明を発表し、「完全に間違っている」と強く否定した。

 

スポンサーリンク

Face IDの精度に変更はない

Bloombergの報道は、iPhone Xの生産を加速させるため、ボトルネックとされるTrueDepthカメラのドットプロジェクタの仕様を緩和し、精度を引き下げることで生産の歩留まり率を改善したというもの。

Appleの声明は、Face IDの誤認識率は9月のイベントで発表した通り100万分の1の精度を有しており、このFace IDが新たな標準機能になると主張している。

Appleの声明は以下の通り。

iPhone XとFace IDのお客様の期待は予想以上で、11月3日金曜日に皆様の手に届くのを楽しみにしています。Face IDはとても簡単で安全な認証システムです。Face IDの品質と精度に変更はなく、誤認識率は100万分の1になります。

AppleがFace IDの精度仕様を引き下げたというBloombergの報道は完全に間違っており、Face IDが顔認証の新たなゴールドスタンダードになると期待しています。

 

ボトルネックはほぼ解消

このBloombergの報道の真偽はわからないが、ドットプロジェクタの生産問題はほぼ改善され、厳しい状況は脱したとKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏も報告している。Kuo氏によると年内の出荷台数は2500万台~3000万台と非常に厳しいが、2018年第1四半期には大幅に改善され、安定供給が可能になると予測している。

 

Source:The Verge

スポンサーリンク