スポンサーリンク

Apple、将来のMacBook向けにカスタムARMチップを開発? ー Intel依存からの脱却を計画

Appleが「iPhone」や「iPad」に自社設計のカスタムチップ「Aシリーズ」を搭載しているのはよく知られている。2010年に発売された初代iPadではじめてカスタムチップ「A4」が搭載され、それ以降、のiPhoneやiPad、Apple TVに搭載されている。Appleは近い将来、チップ開発の裾野をさらに広げるかもしれない。

Nikkei Asian Reviewは、Appleがラップトップ向けCPUやiPhone用モデム、タッチスクリーン用チップなどを開発していると報じた。

 

スポンサーリンク

ARM版MacBookでバッテリー持続時間が大幅向上?

業界関係者によると、AppleはMac BookやMac Book ProなどのラップトップCPUに関して、Intel依存からの脱却を計画しているという。チップメーカーの幹部は「ノートブックは薄型化しているが、消費者はモビリティとバッテリーの持続時間の向上を求めている」と語り、「電力効率が優れているARMアーキテクチャならそれが実現可能だ」と語っている。

実際、これ以上の情報はなく、AppleがARM版macOSの開発に取り組んでいるという具体的な証拠はないが、これは将来の展望を示唆しているように見える。MicrosoftはすでにARM版Windows 10 PCを年内にも発表するとしており、この動きをAppleは黙って見過ごすことはできないだろう。

 

モデムやディスプレイドライバも独自開発へ

Appleはベースバンドモデムチップの研究開発にも投資していると報じている。現在iPhoneにはQualcommとIntelのモデムチップが搭載されている。しかし、世界中の通信キャリアの要件を満たすのは容易ではなく、この開発には最低でも2年はかかるとみられ、このプロジェクトに最低1,000人のエンジニアが必要だとAppleは推測しているという。

Appleはまた、台湾のディスプレイドライバチップメーカーAU OptronicsやNovatekの開発者を引き抜いており、タッチ、指紋、ディスプレイドライバを統合するカスタムチップの開発を目指している証拠だとNikkei Asian Reviewは主張している。

 

Source:Nikkei Asian Review via Apple Insider

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Appleapple, Intel

Posted by emon