スポンサーリンク

Google、サードパーティ製アクセサリに「Made for Google」認定プログラムを開始か?

Googleは現地時間10月4日に次期スマートフォン「Pixel 2/Pixel 2 XL」を含む、新しいハードウェアを発表するイベントを開催予定だ。

新たな情報では、Googleがサードパーティアクセサリー向けに「Made for Google」ライセンスプログラムを発表すると9to5Googleが伝えている。このプログラムはAppleの「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」ライセンスプログラムのようなものになると思われる。

 

スポンサーリンク

粗悪なサードパーティ製品を排除

現時点では詳細は不明だが、このプログラムはUSB Type-C規格を中心に考えているようで、USB Type-C対応のバッテリーパック、ACアダプタ、USBケーブルなどのサードパーティ製アクセサリの認定を計画している模様。

USB規格を策定する「USB Implementers Forum Inc.」は全てのサードパーティが規格を遵守するため仕様を公開している。しかし、一部の製品はその仕様に適合していないものも存在しているのが現状だ。

実際Chromebook Pixelの開発を手がけるGoogleのエンジニアBenson Leung氏はいくつかの不良USBケーブルを発見したという。これらのケーブルは非常に危険で、デバイスに致命的なダメージを与える可能性もあるという。

AppleのMFiライセンスプログラムに参加したアクセサリメーカーは、Appleの認定ロゴをパッケージに使用することができる。Googleも同様にPixelのブランド力を向上するため、ロゴやブランドの使用を許可する可能性も考えられる。

このプログラムについての具体的な情報はわからず、現時点でGoogleがいつこれを発表するのかも不明だが、10月4日の最新ハードウェア発表イベントとともに発表される可能性が高いとみられる。

 

Source:9to5Google via Android Authority

スポンサーリンク



Googlegoogle

Posted by emon