スポンサーリンク

HTC U11 PlusのCADデータに基づいたレンダリング画像がリーク

11月2日に発表されると期待されているHTCの次期フラグシップ「U11 Plus」。昨日にはベンチマークから詳細なスペックが明らかとなったが、今回、新たにその本体デザインが明らかになった。

インドの情報サイト CouponRajaは、モバイル関連のリーカーとして知られる @OnLeaksの協力で、HTC U11 PlusのCADデータに基づいたレンダリング動画と画像を制作しリークした。

 

スポンサーリンク

きらびやかなリキッドサーフェイスデザイン

HTC U11 Plusのデザインは、U11と同じく液体のように滑らかな「リキッドサーフェイス」を取り入れ、バックパネルは色鮮やかに光を反射している。最近のフラグシップモデルにはメインカメラにデュアルカメラを採用しているが、引き続きシングルカメラを採用するようだ。ヘッドホンジャックはiPhoneやGoogle Pixel 2同様、非搭載となる。

前面はアスペクト比18:9の6インチ縦長ディスプレイを搭載し、狭額縁デザインを採用している。しかし、Galaxy S8やLG V30ほどベゼルは狭くないようだ。指紋センサーはボトムベゼルの狭小化により背面に移動している。本体サイズはおよそ158.2 x 74.6 x 9.1 mmとなるという。

 

主なスペック

スペックは、ベンチマークの情報から、6インチディスプレイを搭載し、QHD+の2880 x 1440高解像度をサポートする。プロセッサはU11と同じくSnapdragon 835を搭載。RAMは4GB、ストレージ容量は64GBが確認されている。このほかストレージバリエションとして、6GB RAMと128GB/256GBストレージモデルがあると噂されている。

 

Source:@OnLeaks , CouponRaja via PhoneArena

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう