スポンサーリンク

HTC U11 Plusが中国の認証を通過。しかし11月2日には発表されない可能性

HTCが11月2日に予定している新製品発表イベントでは、フラグシップモデルである「HTC U11」のアップグレード版となる「HTC U11 Plus」と、Android Oneモデルとなる「HTC U11 Life」の2つのモデルが発表されると期待されている。

このたび、そのハイエンドモデルU11 Plusが中国の認証機関TENAAを通過し、正式なレンダリング画像が明らかとなった。

 

スポンサーリンク

公式なレンダリング画像

TENAAにはU11 Plusの4面のレンダリング画像が表示されており、前面の画像からはこのモデルの改良点となるアスペクト比 18:9のディスプレイと狭額縁化されたフロントベゼルが確認できる。背面には評価の高いメインカメラ、そして狭額縁化された前面のボトムベゼルから指紋センサーが移動されている。

しかし、新たな情報では残念なことにU11 Plusの発表はしばらく先になるかもしれない。

 

11月2日はU11 Lifeのみ

モバイル関連のリーカー Evan Bless氏はTwitterに、11月2日のイベントではU11 Plusは発表されず、U11 Lifeのみになると投稿した。

HTC U11 Lifeは先週、詳細なスペックがリークされており、5.2インチのフルHDディスプレイ、Snapdragon 630、3GB RAM、32GBストレージを搭載する。バッテリーには2,600mAhバッテリーを持つ。そして、Android Oneデバイスとして始めてAndroid 8.0 Oreoをプリインストールすると言われている。

メインカメラには、4K動画やHDR、RAW形式に対応する16MPカメラをもつ。またU11同様「Edge Sense」機能を搭載する見込み。価格は400ユーロ(約5万3000円)となる予想だ。

 

Source:TENAA , Evan Blass via Droid Life , GizmoChina

スポンサーリンク