スポンサーリンク

Huaweiの縦長ディスプレイ搭載の廉価モデル「Honor 7X」の画像とスペックが判明

Huaweiのコストパフォーマンスに優れたモデルで知られる「Honor 6X」の次期モデル「Honor 7X」がベンチマークアプリGeekbenchと中国の認証機関TENAAに登録されているのが判明し、詳細なスペックやその姿が明らかになった。

 

スポンサーリンク

スペック

  • OS:Android 7.0 Nougat
  • ディスプレイ:5.93インチ液晶 アス比18:9 2160 x 1080
  • プロセッサ:Kirin 659
  • RAM:4GB
  • ストレージ:64GB + マイクロSD
  • メインカメラ:16MP + 2MP デュアルカメラ
  • フロントカメラ:8MP
  • バッテリー:3,240mAh
  • サイズ:156.5 x 75.3 x 7.6 mm , 165g

アスペクト比18:9の約6インチディスプレイを搭載するが、上下のベゼルを狭額縁化した新デザインのおかげで、5.5インチディスプレイを持つ前モデルHonor 6X(150.9 x 76.2 x 8.2 mm)とほぼ同サイズを実現している。

背面のメインカメラは16MPセンサーと2MPセンサーを内蔵するデュアルカメラを搭載。フロントカメラは8MPのシングルカメラとなる。背面には指紋センサーが配置され、上下にはひときわ目立ったアンテナラインを装備。iPhone 6を思い起こさせるデザインとなっている。カラーバリエーションはブラック、ゴールド、ブルーの3色。

 

マルチコアスコアは3159ポイント

Geekbenchの情報からHonor 7Xのモデル名は「HUAWEI BND-AL10」で、1.71GHzのオクタコアプロセッサと4GB RAMを搭載していることがわかる。スコアはシングルコアで909ポイント、マルチコアで3159ポイントとなっている。

Honor 7Xは当初中国で発売される予定だが、その後グローバル市場にも投入される見込み。価格は基本モデルで270ドル(約30,000円)、上位モデルでは315ドル(約35,000円)になるという。

 

Source:Geekbench , TENAA via PhoneArena

スポンサーリンク