スポンサーリンク

Huaweiの次期カスタムUI「EMUI 6」の新機能が判明

Huaweiが10月16日に発表を予定している「Mate 10」にはAndroidの新バージョン「Android 8.0 Oreo」がプリインストールされると言われている。Huaweiはそれに合わせてAndroid 8.0 Oreoに対応した新カスタムUI「EMUI 6」をリリースすると思われる。

Huaweiは最新のMate 10だけではなく、過去のモデル「Mate 9」にもAndroid 8.0 Oreoのアップデートを予定していることは、ベンチマークの情報から判明している。今回、XDA Developersは16日のイベントに先立ちEMUI 6のベータ版を手に入れ、Mate 9に実際にインストールしEMUI 6の新機能を掘り下げている。

 

スポンサーリンク

EMUI 6の新機能

解像度変更とナビゲーション非表示

全体的にEMUI 5から大きな変更はないが、いくつかの新機能が搭載されているという。まず、表示設定に「画面解像度」オプションが追加されている。EMUI 5ではバッテリー節約のため720pと1080pの解像度を自動的に切り替える機能が搭載されていたが、EMUI 6では2つの解像度を手動で変更可能となっている。

「ナビゲーションバー」オプションには一時的にナビゲーションバーを非表示にできるボタンが配置可能となっている。有効にすると、ナビゲーションバーの左側に小さな矢印が追加され、そのボタンを押すことでナビゲーションバーが非表示になる。下から上にスワイプすることで再表示できる。

 

ジェスチャー操作でホームに戻ることが可能

またジェスチャー操作でナビゲーションバーの機能を置き換える「ナビゲーションドック」が搭載される。この機能を有効にすると移動可能なフローティングボタンが表示され、ボタンをタッチすると1つ前の画面に戻ったり、スライドアップでホーム画面に戻ることが可能となる。

 

Bluetoothオーディオコーデックの手動切り替え

開発者オプションにはBluetoothオーディオコーデックを切り替えることができるカスタマイズ機能があり、SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなど任意のコーデックに変更できる。

EMUI 6はおそらくMate 10と同時に発表されると思われる。先述のようにHuaweiは10月16日にドイツのミュンヘンでMate 10を発表する予定である。

 

Source:XDA Developers

スポンサーリンク