スポンサーリンク

Huawei、Mate 10へのAndroid 8.0 Oreo搭載を明らかに ー 新EMUIは8.0に?

Huaweiが来週10月16日に発表する次期フラグシップモデル「Mate 10」シリーズ。その中のメインストリームモデル「Mate 10」とアップグレードモデル「Mate 10 Pro」にはAndroidの最新バージョン「Android 8.0 Oreo」がプリインストールされると噂されている。

今回Huaweiは同社の公式Weiboアカウントに短いティザー動画を投稿し、正式にAndroid 8.0 Oreoの搭載を明らかにした。

 

スポンサーリンク

Andorid 8.0は強力なコンビ

動画ではMate 10に搭載される最新プロセッサ「Kirin 970」を表す正方形が描かれ、その中にHuaweiのロゴとOreoバージョンのドロイドくんが隣り合うように表示される。Weiboの投稿には「Android 8.0の搭載により、より良いAndroid体験を提供します」とコメントしている。

 

新EMUIは8.0に?

Android 8.0 OreoとともにHuaweiのカスタムUI「EMUI」も新バージョンがリリースされる予定だ。XDA Developersは先日、「Huawei Mate 9」用の新EMUIを独占入手し、その新機能を明らかにした。同サイトは、その新EMUIについて再び興味深い記事を投稿している。

Android 7.x Nougatを搭載する「Huawei P10」や先日発表された「honor 7X」では、EMUI 5.1が搭載されている。そのため、新EMUIバージョンナンバーは理論的に考えれば6.0になると誰もが思うだろう。

しかし、新EMUIのファームウェアを解析したところ、システムプロパティファイルのEMUIバージョンが8.0.0になっているのを確認したという。また、先日Mate 9に提供されたAndroid 8.0 Oreoベータ版の設定からも同様に確認された。つまり、新EMUIは6.0をスキップして8.0になることになる。

これはAndroidとEMUIのバージョンナンバーを一致させ、ブランディングイメージの統一を図る狙いがあると考えられる。これにより、EMUI 6.0とEMUI 7.0をスキップすることになるが、この方がユーザーにとっても判別しやすくなり、Huaweiも変更する価値があると判断したと思われる。

Android 8.0 OreoやEMUI 8.0についても、10月16日のイベントで発表されると思われる。

 

Source:Huawei , XDA Developers via GSMArena

スポンサーリンク