スポンサーリンク

iPhone XのFace IDは快適!でも直射日光下では認証に問題も

「iPhone X」の発売はいよいよ数日後に迫っている。昨日からiPhone Xのレビューが解禁され、各メディアやYouTuberがiPhone Xのレビューを公開しているようだ。iPhone Xの数多くあるアップグレード機能のうち、最も注目度が高いのはやはり新しい生体認証「Face ID」だろう。

米IT系メディア The VergeはiPhone Xのレビュー内で、Face IDはとても素晴らしい機能と評価する一方、動作に問題があるシーンが存在することも指摘している。

 

スポンサーリンク

認証にはiPhoneを顔に近づける必要あり

Face IDの登録は、顔の周りに表示されるバーがすべて緑色に変わるまでぐるっと首を回すだけで、Touch IDよりもいたって簡単だという。Face IDによるロック解除は非常に快適だが、認証にはiPhoneを顔を正面にかざすことを意識しなければならず、Touch IDでの認証に慣れている人は不便に感じるかもしれないと指摘する。

Appleによると、最適な認証距離はiPhone Xを顔から25~50cm離した距離としている。そのため、例えばiPhone Xを机に置いている場合や、ちょっとiPhoneをポケットから取り出して通知を確認したい場合でも、わざわざiPhone Xを顔に近づける意識をしなければならなかったという。

 

直射日光下では認証に問題も

上記の問題は些細なことですぐに慣れるだろうが、もう一つの問題はちょっと厄介かもしれない。屋外の強い直射日光下やデリ(食料品店)といった様々な蛍光灯の下では、Face IDの認証に問題があると指摘する。Face IDは顔に3万以上のドットを投射し、それを赤外線カメラを使用してスキャンする。日差しの強い屋外や明るい蛍光灯下では、赤外線が妨害され正常に認識されない可能性がある。

このように赤外線による認証問題の例は他にもあり、富士通はARROWS NX F-04Gから赤外線による虹彩認証機能を搭載している。そのデバイスでも、直射日光下では認識率が低下し、認証に時間がかかったり認証に失敗することが指摘されている。

この件はAppleに問い合わせ中で、The Vergeでも詳細な検証を行うとしている。今のところFace IDはTouch IDを置き換えるのに十分な機能を持つが、必ずしもそうとは限らないと指摘している。

 

Source:The Verge

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう