スポンサーリンク

iPhone Xの発売前の出荷台数は200~300万台に ー ボトルネックはほぼ解消

iPhone Xの先行予約を1週間前に控え、Apple関連の予測で定評のあるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は新たなレポートを公表し、11月の発売までに出荷できる台数は200~300万台と非常に厳しい数を報告した。

一方、iPhone Xの生産の問題は「出口が見えた」と報告し、2018年前半には出荷台数が大幅に増加するとの予測を出した。

 

スポンサーリンク

ボトルネックは3つあった

Kuo氏によると、iPhone Xの生産のボトルネックは3つ存在し、その最大のボトルネックはアンテナ用のフレキシブルプリント基板(FPCB)だった可能性が高いという。

アンテナ用基板が最大のボトルネック

iPhone Xに使用されるアンテナ用FPCBは他のモデルよりも複雑な仕様で、特殊な素材や設計、製造方法が求められるという。そのAppleの高い要求を満たすことができるのは、村田製作所と台湾Career Techのみとされる。

当初、村田製作所がアンテナ用FPCBの製造の60%を請け負う予定だったが、Appleの要求を満たせず、問題解決は2018年第2四半期と大幅にずれ込むとされる。そのため、第2サプライヤであるCareer Techがすべての製造を請け負うことになったという。

しかし、村田製作所とは使用する素材や製造方法、設備が異なるため、製造能力増強には時間がかかり、本格稼働は11月になる見込み。

広角レンズのフレキシブル基板

第2のボトルネックは、メインカメラの広角レンズ用FPCBにあるという。SamsungやHuaweiなどの競合メーカーのデュアルカメラとは異なり、iPhone Xは広角レンズと望遠レンズに別々のFPCBを使用している。そのFPCBを製造する韓国Interflexは、広角レンズの品質に問題を抱えていたと伝えられている。

赤外線ドットプロジェクタ

最後のボトルネックは、ここ数週間報告されているTrueDepthカメラの「ロミオ」と呼ばれるドットプロジェクタである。特定の状況下で認識率が落ちるという設計上の問題は改善され、厳しい状況は脱したという。

 

2018年前半に安定供給の見込み

Kuo氏はこれらの問題から、年内の予測出荷台数を3000~3500万台から2500~3000万台に減らしており、発売前の出荷台数は200~300万台になると予想している。しかし、これらの問題は改善されつつあり、2018年第1四半期には出荷台数は大幅に増加すると予測している。

 

Source:MacRumors

スポンサーリンク