スポンサーリンク

iPhone Xの本格的なスーパーサイクルは2018年から

Apple関連の正確な予測で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は新たな報告を公表し、iPhone Xへの買い替え需要が高まる「真のスーパーサイクル」は2018年まで起こらないだろうとの見方を示した。

多くのアナリストはiPhone Xの発売によって、2017年末に買い替え需要が高まると予想しているが、Kuo氏はこれを否定しiPhone Xの供給が安定する2018年になると見ているようだ。

 

スポンサーリンク

iPhone Xのスーパーサイクルは供給の安定後

iPhone Xの量産のボトルネックとされるTrueDepthカメラシステムの歩留まり問題は、依然として懸念されている。そのため、iPhone Xの生産台数は1日あたり10万台と非常に少なく、年内の出荷台数を4,000万台と見込んでいる。しかし、TrueDepthカメラシステムの生産問題は2018年には改善され、2018年の前半にはiPhone Xの供給も安定すると予測している。

また、2018年に発売されるiPhoneは、生産プロセスが確立されたことにより、iPhone Xのような発売の遅れは起こらないとみられる。さらに製品構成、仕様、デザインがより競争力を持つものになるという。

 

iPhone 8は期待以上の売上

iPhone 8の売上は期待以上に良く、ホリデーシーズンまでは堅調に推移するが、iPhone Xの供給が安定する2018年にはiPhone 8のシェアを奪うだろうと予測している。2017年のiPhoneの出荷台数は2億1000万~2億2200万台にとどまるが、2018年には2億4500万~2億5500万台に拡大すると見込んでいる。

 

Source:MacRumors via 9to5Mac

スポンサーリンク